師走の初め   

早や師走に入り急に大空は高気圧の為か素晴らしい秋空みたい、午後には
イワシ雲がチラホラと姿を見せ久し振りのお気に入りの天空だ。近くの
山々は例年と異なり紅葉より茶褐色、緑等の混合色とりどりの景色で、
カメラ片手にパチパチ撮って見る。想えば今年も綺麗な紅葉にお目にかか
れず残念至極であったが、自然は上手く紅葉に変わる山々を見せてくれて
有難いものだ。いよいよカメラも冬の氷、雪景色等を追いかけるように
なったが、元気ハツラツ来年も犬のように走れるかな?どうも無理は禁物
八十路の風に靡かない様ゆっくり頑張るかな?

d0212405_20231518.jpg
d0212405_20214180.jpg
d0212405_20233355.jpg
d0212405_20235839.jpg

[PR]

# by yasu1116nori | 2017-12-05 20:26 | Comments(1)

ドローン   

先日ある撮影会の下見で、県南の紅葉名所に行った。既に紅葉は一部散りかけ
ピークを過ぎている。それでも何とか我輩なりに隅々まで撮りまくる。その途中
ドローンを飛ばしている方とお逢いし、しばらくドローンについて種々お話を伺う。
先ず驚いたのは、燃料はガソリン系で無く、箱型電池で、一回の充電で15分は
飛び続けるとか、ついでに厚かましくドローンの価格をお聞きすると、気安く約
30万円位とのご返事で、意外にも安い大人の遊び心を誘う物だと思った。
(仮に10年若ければ、ドローンマニアになったかも・・・?)そのドローン
所有の紳士の年齢は70歳前であろうか、大変親切に詳細にわたり説明、教えて
くれて感謝する。さてさて、我輩が立ち去ると、大勢の人が二重にその方を取り
巻き、ご本人は何も出来ない状態で可哀想、そのきっかけを作ったのは我輩で
気の毒で恐縮する。諸君!ドローンを飛ばして遥か遠くの空から撮影場所を見つけ
そこへ行って撮るなど面白い撮影が出来て楽しめるのでは?誰かドローンを買った
ら誘ってヨ・・。それまで我輩はあの世にドローンせずに頑張るヨ~ン。

d0212405_11263114.jpg
d0212405_11274397.jpg
d0212405_11272312.jpg
d0212405_11282772.jpg
d0212405_11280436.jpg

[PR]

# by yasu1116nori | 2017-11-26 11:30 | Comments(0)

幻日   

去る11月12日であったと思うが、街から我が家に帰る途中、車の中から遙か
向うの空に虹見たいな彩光を発見、良く言われる彩雲かな?と感じ自宅の二階
ベランダからカメラで2~3枚撮ってみた。太陽は西の向こうにあるのに南西の
雲が色づいているのは何れにしても面白いと思っていたが、格別に綺麗な彩雲で
も無いので、忘れていた。ところが遂先日テレビでそれは幻日と言う太陽光と雲
の高さが同一で生じる現象で大変珍しいものだと・・・・。それならブログ用に
でもと保存した。生まれてこの方彩雲や虹は見たり、また噂にも聞くが「幻日」
は聞いた事も無く、人生八十路後半の我輩にとっては幸運であったかも???。
さて、その幸運は何だろうか?何でもゴジャレと夢でも見るか!!

d0212405_15322601.jpg
d0212405_15330626.jpg
d0212405_15343720.jpg
d0212405_15341180.jpg
d0212405_15350764.jpg

[PR]

# by yasu1116nori | 2017-11-23 16:08 | Comments(1)

疑痴呆かな   

免許更新時期となり高齢者講習を認知機能検査と一般検査の2回も受講し、本日
免許証の更新をする。いつも散歩で通り道にある運転免許試験場に行き、広い
構内に入ると最初の受付案内人のアルバイト風な若いハンサム兄ちゃんが先ず
免許証を出して下さいと・・・・。で予め免許書入れから出していた免許証を
渡す。ニヤッと笑ったお兄ちゃん「これは免許証で無く保険証ですよ」と!
まったく免許証であると確信した筈だが、間違いに間違いない。次の受け付け
で何か書類にサインし、写真室ではハイそこに座ってこちらを見て下さい。
そして息つく間もなく終わりましたと早い事超スピード。いつも免許書の写真は
刑務所から出てきた顔だと思っていて、今回はキリっとしたいとの思いもまったく
無駄なり。さても後は免許証の交付を待つのみ・・、比較的早く中年の美人が
我輩の名前を呼びながら免許証を持ってきた。そして既に出した書類を我輩に
差出し、「この書類に平成17年と書いてますが、今年は29年ですのでもう一度
書き換えて下さい」・・・と。どうもかかる間違いは単なる間違いでは無い?
とゾッとした感じになった。折角講習の実地試験では年齢にしては上手ですナ!
と言われた良い気持ちも吹っ飛んで仕舞った。情けナヤ~

d0212405_21094097.jpg
d0212405_21110746.jpg
d0212405_21195932.jpg
d0212405_21183913.jpg

[PR]

# by yasu1116nori | 2017-11-17 21:22 | Comments(1)

島の県道   

台風も去り、秋本番の好天が続くある日、フト何時であったか(物忘れ多々)
我が師匠が某島の中の道幅1メートル程の道に「県道}の刻印を押した場所
を撮影し、見事入賞していた事を思い出し、それを見たいと高速道を突っ走
る。渡船から降りて先ず道脇にいた島の高齢者(しか居ない)の方に何処に
行ったら良いか聞いてみる。答えは右か、左かもう一本の道しか無い・・と。
仕方なく我が身体の肩が右下がりの為か、自然に右の方向から歩いてみる。
先ず驚いたのは猫様の多いこと、行く先々にウロウロしている。気が向かな
いがパチパチ・・・。右道の先端は立派な中学校があり、校門の前にいた老
紳士に話を聞けば、中学生、小学生で6人の在籍とか!島にはトイレが無く
運良くここのトイレを借りようと教員室に行き一人の女教師に挨拶、トイレ
に入るが我がズボンの結び紐が解けない、さても我慢できなく教員室に逆戻
り女教師にお助けを願い、上手く紐を解いていただき急ぎトイレへ!無事所
用を済ます。もし先生様々が居なかったら吾輩のズボンはビショ濡れで帰る
にも帰れず、県道も見られずに・・・とホッとしながら乗船場にトボトボ。

d0212405_13095710.jpg
d0212405_13101544.jpg
d0212405_13103496.jpg
d0212405_13105553.jpg
d0212405_13110617.jpg

[PR]

# by yasu1116nori | 2017-11-05 13:14 | Comments(0)